<?php the_title(); ?>

シマノの投げ竿キススペシャル


キススペシャルはどうして405しか無いのでしょう

シマノの投げ竿、キススペシャルをご存知でしょうか。

私は、名前は知っていますが、触った事もありませんし、もちろん、この竿で釣りをした事もありません。 シマノさんのカタログによると、長さは405で並継の投げ竿のようです。←ここまでは、知っていました。その他、高そうなパーツを使い、いかにもハイカラそうな感じで最高級の竿ですって、カタログから想像出来ます。
 

しかし、私はキス釣りをしませんから、この竿は必要ありません。
本当の所、この様な高価な竿を買うお金もありませんし、技量もありません。ところで、キススペシャルの竿の長さは、どうして405しか無いのでしょうね。425もあっても良いと思うのですが・・・

 

個人的には、425の竿の方が振りやすいですし、距離も稼げると思うのですが、どうなんでしょう。私は、カレイ釣りの時、ダイワの405の投げ竿と、シマノの425の投げ竿を使用します。
どちらも振り出しの竿ですが、個人的には、シマノの425の投げ竿(硬さはCX-T )プラス23号の海草天秤(遊動式)が投げ易いです。

 

投げ釣り師で、キス釣りを専門にする方で、上背があり、パワーや技量があるベテラン釣り師なら、425の方が良いと思うのですが、どうなんでしょう。

こんなんよう買わんわ~っていうか買われへんわ

私は、春と秋にカレイ釣りに出掛けます。釣り場は、明石海峡周辺の波止、もしくはサーフからで、投げ釣りで狙います。 投げ釣りですから、投げ釣り専用の竿とスピニングリールを用います。
この投げ釣りで使う竿ですが、私はカレイ釣りですから関係はありませんが、投げ釣りでキスを狙う釣り人さんにとっては、とても高価な投げ竿があるのをご存知でしょうか?

 
そう、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、シマノのキススペシャルです。この投げ竿ってどうなんでしょうね~?なんか良く分かりませんが、高そうなパーツを使い、いかにも最高級の竿ですって感じで、あまりにも高価すぎて触るのも怖いです。
まぁ、私は実際に触った事はありませんが・・・

 

また、私が行く釣り場でもキススペシャルを使っている釣り人は、見掛けた事はありません。ただ、私が気が付いていないだけかも知れませんが、そう持っている釣り人さんは少ないと思います。

 

2000年頃の話ですが・・・

 

知人が持っていたシマノのスピンパワー振出425CX-T+ダイワのトーナメントサーフなんじゃらかんじゃらというリールの組み合わせの釣り具を、投げさせてもらった事があります。

私は、技量はありませんから、私の釣り具と知人の釣り具を投げ比べても、飛距離はそんなに変わらなかったと思います。 ただ、リールから出て行くラインの音は、とても心地よい音だったように記憶しています。

 

私にとって、このセットでも高価で、とても買える代物ではありません。また、いくら仲の良い知人の釣り具でも、かなり気を使って投げた記憶があります。

 

ちなみに、シマノのホームページにこんな歌い文句が書いてあります。

 

全釣域、キスと対話。 新次元のキス釣りを創造するキススペシャル

 
なんも、10万円以上する竿を買ってキスと対話などしたくありませんし、キススペシャルをはじめ、高価な釣り具を揃えなくても、それなりの釣り具で十分釣りは楽しめます。 私は、このような高価な釣り具は買わないというか買えませんが、興味のある方はお試しあれ・・・

備考

超遠投を身上とするトップキャスター待望のシマノ投げリール史上最軽量モデル[スーパーエアロキススペシャルコンペエディション]の登場です。限界までシェイプされたボディは大胆に肉抜きされたスプールを見れば一目瞭然。各部にわたり、剛性やバランスを失わないギリギリまで徹底した軽量化を図りました。さらに遠投力向上のため、ライン放出抵抗を極限まで軽減した傾斜角4度の「テーパースプール」を搭載し「スーパースローオシュレート」も採用。軽量化によるスウィングスピードの向上と相まって異次元の超遠投を可能にします。しかも「X-SHIP」による最上級の巻き上げの軽さと滑らかさにより、僅かな変化まで感じ取ることができるセンシティブなリーリングを体感できます。トーナメントを見据えた超遠投アスリート達にこそ相応しい究極のコンペティションモデルです。

 

 

キススペシャル

シマノの投げ竿キススペシャルヤフーショッピング

求めたのは、超遠投、超高感度。ロッドバランス、キャスティング性能、感度。それらすべてを追求して生まれたキススペシャル。 表示自重があるとは思えない持ち・振り軽さは、片手でのサビキ操作も可能で、「軽く振って遠投」を実現します。

Pocket